階段室

a0082546_1965478.jpg
  GR DIGITAL


用事で出かけた病院で、こっそりシャッターを押す。
by persona-14 | 2008-05-12 19:09 | | Comments(14)
Commented by 獅子鶏 at 2008-05-12 20:46 x
ワタシも学校や病院の階段とか廊下とかには
心惹かれることが多いです。人との距離が近
い場所だからでしょうか?
Commented by lobby88 at 2008-05-13 17:37
実際は違うのかもしれませんが
写真から何か静寂を感じます。
キーンとした静寂を。
今(今さら?)読んでいる「海辺のカフカ」の
++
ヘッドホンをはずすと沈黙が聴こえる。
沈黙は耳に聞こえるものなんだ。
僕はそのことを知る。
++
というくだりを何故か思い起こしました。
Commented by mikomaya at 2008-05-13 22:03 x
踊り場のある階段は
いろんなところから光が回り込んだりして、
好きな場所です。ここも。
Commented by persona-14 at 2008-05-13 23:54
獅子鶏さん、こんばんは。
病院、学校(最近、縁がないけれど)の階段、廊下、いいですね。
私はどちらかというと、人の気配のない廊下や階段が好きです。
この病院の場合も、ほとんどの方がエレベーターを使うらしく、
何回か上り下りしたのに一度も人に会いませんでした。
Commented by persona-14 at 2008-05-14 00:04
lobby88さん、こんばんは。
当たりです! 廊下や待合室には人がたくさんいたのに、なぜか
この階段室は人(ひと)気がなく、独り占め状態でした。
少し高い窓からは中庭が見え、そうするうちにここがまったく別の
場所のようにも思え、しばし不思議な感慨がありました。

村上春樹のすてきな一節を思い出してくださって、光栄です。
(私は『海辺のカフカ』を読んでいないんです)
Commented by persona-14 at 2008-05-14 00:10
mikomayaさん、こんばんは。
非常階段室のように窓のない息苦しいような階段室が多い中、こんな
ふうに外光が届く階段室は今はめずらしいのでしょうか。
擦り切れた手すりや、古っぽい床材や、少しガタつく鉄のサッシなどが
好きです。 考えたら、どうして「踊り場」って言うのでしょうね。
Commented by maopapa at 2008-05-14 17:18 x
おくればせながら私も書かせてください(^^;
いい感じの光が回っている場所ですね。一部が剥げた
手すりの質感がリアルです。カメラを持っている者がこ
の場を通りかかったとすれば、誰もが立ち止まってシャ
ッターを押すのではないでしょうか。
踊り場の由来に関しては諸説あるようです。私が気に入
っている説は「段差=ダンサーで踊り場」というもの。完
全にウソっぽいですが(^^; こちらを参考にどうぞ↓
http://gogen-allguide.com/o/odoriba.html
Commented by persona-14 at 2008-05-15 00:38
maopapaさん、こちらにもありがとうございます。
ふふふ、「段差=ダンサーで踊り場」説ははじめて聞いたので、大ウケ
しました~。 で、ありがとうございます。 参考URLを拝見しました。
2説あるものって、どっちが本当だろうかと、妙にムキになって考えて
しまうのですが、そんなの私だけでしょうか(笑)

さて、ここ、やっぱり撮したくなります? だったらうれしいな。
他はだいたい内装が新しくなっていたのですけれど、この階段室だけ
少し古い印象のまま残っていたのです。
病院内は撮影禁止だけれど、誰もいなかったのでササッと撮りました!
Commented by mikomaya at 2008-05-16 22:44 x
うん、「カフカ」はおもしろかったよ。
パワーを感じた。
Commented by persona-14 at 2008-05-17 18:05
mikomayaさん、こんにちは。
うっ、mikomayaさんも「カフカ」お読みでしたか。
私は長い小説が苦手なんですよねー。(上下2巻とかダメです)
どんなに面白い小説も、読み続けるのが途中でしんどくなってきて
しまいます。
(それって、ほんとうにその小説が好きではないのかなぁ)
最近は小説そのものをあまり読まなくなってしまいました。
Commented by mikomaya at 2008-05-17 22:02 x
もしかして、やまねさん、書かれていること全てを理解しようとして深ーく読むタイプの人なのでは?
最近僕もネット上に文章があふれているので、本を読む時間がへりました。
しかし、やはりプロの書く文章に触れておくことは大事だとおもいますよ。
Commented by persona-14 at 2008-05-17 23:44
mikomayaさん、こんばんは。
ううっ、言われてしまいました。 最近、本らしい本を読まなくなって
しまっていたので、mikomayaさんの言葉がじわりと利きます。
随筆(エッセイ?)のようなものはいくらか読みます。
むしろそっちが好きです。 とは言っても、ネット生活は確実に活字
文化から遠ざかりますねー。 反省!

どちらかと言えばあらすじ追求斜め読み派だと思っているのですが、
どうなんでしょうねぇ。 友だちで、本、映画ともに「あの時○○が○○と
言ったでしょ?」なんて一字一句間違わずに覚えている人がいて、
そういう人と比べると情けない気持ちにはなります。
そんな自覚が自分を苦しめているのかも。
ちょっと融通が利かない性格なんです。
Commented by mikomaya at 2008-05-19 23:02 x
そんな情けないだなんて〜。(僕は覚えてない派です)
同じ本で、何度も楽しめるんだから。いいじゃない。
Commented by persona-14 at 2008-05-20 01:53
mikomayaさん、こんばんは。
なぐさめてくださってありがとうございますぅ。

折々に感じた気分だけが残って、それにまつわる詳細を忘れてしまう
のが私の特徴で、けっこう気にしていました。
だって、小説やドラマの結末さえも忘れてしまう始末で・・・。
でも、mikomayaさんの「何度も楽しめる」っていう文字を見て、あ、
なるほどそうじゃない、と思えそうです。
はい、単純なところが特徴でもあります(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 赤いコーン、2つ 路通者行歩 >>