軽井沢 2008 春 2

a0082546_7475473.jpg



a0082546_7535517.jpg



a0082546_852660.jpg



a0082546_7521421.jpg
  GR DIGITAL
by persona-14 | 2008-04-30 08:06 | 旅・お出かけ | Comments(2)
Commented by simaido2005 at 2008-04-30 09:09
やまねさん、お久しぶりです。
木々の緑も眩しく、そろそろ、足元ばかり見ていずに、空を見上げて
歩こう・・・と、爽やかな空気を胸にいっぱい溜めたところです。

軽井沢にいらしたんですね。
2枚目は、木蓮のつぼみでしょうか?
避暑地とあって、街中よりは、少し季節の訪れもゆっくりしたペース
なのかな~、と思いながら、じっくり拝見しました。

ウィリアム・モリス!
そういえば、イギリスを訪れたときに、画集を買って帰ってきたので
すが、あれ、どうしたかな~???
結婚したときに、実家に置いてきて、そのままかも・・・。
当時は、こんな壁紙にしたら素敵だろうなあと夢見ていましたが、う
ちの壁紙は、なんの特徴もない白とベージュの混ざったような無難
なもの・・・。
そして、こんな無難な壁紙が一番落ち着く、という現実!
わたしの中に、インテリアデザインという文字はないのでした~、
ワッハッハ!
Commented by persona-14 at 2008-04-30 19:09
姉妹堂さん、こんにちは。
軽井沢へ一泊で行ってきました。
ところがひどい乗り物酔いと重なり現地で熱が出てしまい、
それでも高熱ではなかったので、手持ちのバファリンで何とか
やり過ごしました。 今はずいぶん落ち着きました。
私、木蓮とコブシの区別がつかなくて、どちらかはもう散りかけて
いたので、この蕾はたぶん違うように思うのですが…。(情けない)

ウィリアム・モリス、特に好きというわけではなく訪れたのですが、
今回の展覧会はとても良かったです。
このメルシャン美術館、以前に訪れたときにも感じたのですが、
会場の雰囲気と展示の仕方がとても素敵なのです。
今回のウィリアム・モリス展も、再認識させられるような展示で、
とても見応えがあり、時代を超えた素晴らしいデザインだと今さら
ながら感じ入りました。

いえいえ、シンプルもまたインテリアデザインの大切な一(いち)
テイストだと思います。 私も今はシンプル、モダンが好きです
けれど、歳をとるにつれ、また人の好みは変わっていくのかなぁ、
なんて考えています。
畳や障子を見直したり、旧い民家のような太い柱と白い漆喰壁が
落ち着く、とかね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 軽井沢 2008 春 3 軽井沢 2008 春 >>