ムシブンコのトートバッグ

a0082546_1631189.jpg
  GR DIGITAL


倉敷にある蟲(この字見えますか? 虫3つです)文庫さんは、ずっと気になっている古本屋さんです。
私が先に知って本好きの夫に教えたら、今では夫は店主の田中美穂さんの密かなファンと
なってしまいました。

1ヶ月ほども前、夫が「蟲文庫さんにトートバッグを注文する」と言うので、
私も便乗して注文してもらいました。

夫は大きな図書館用、私は単行本を入れるのにピッタリの小さいほう。
どんな色が届くかは、届いてからのお楽しみ!というわけです。

ほどなく届いたバッグは夫のが薄いカーキ色、私のは薄いブルーのシャンブレーの
ような生地でした。 真ん中のロゴがアクセントです。
(このロゴ、型紙を使ったステンシルかと思ったら、なんと手描きだと判明!)

さて、上の写真は同じく単行本用の小さいほうですが、こちらは先日青山ブックセンター
本店で蟲文庫さんのフェアをやっていたときに追加で買いました。

薄いベージュの細畝コーデュロイで出来ています。
ひとつ持っているのにと思ったけれど、夏と冬とで使い分けようというわけです。

いつかは倉敷…私たち夫婦の合い言葉です。

蟲文庫
by persona-14 | 2007-12-15 16:34 | いろいろ | Comments(2)
Commented by マドレーヌ at 2007-12-17 08:43 x
やまねさん、蟲文庫のバックを見て、「わぁ」とパソコンの前で声をあげてしまいました。

倉敷の古本屋さん、
私は数回行ったことがありますよ。

素敵なお店、素敵な店主…。

このバック、田中さんご本人がお縫いなのですよね、たしか。
布地を安いときにまとめて反物で買われると、
ブログかなにかで呼んだ記憶があります。

店内には猫もいます。
素敵なお店です。
Commented by persona-14 at 2007-12-18 00:32
マドレーヌさん、こんばんは。
やっぱりマドレーヌさんは蟲文庫さんをご存じでしたね!
うれしいです!!

私も夫ほどではありませんが、蟲文庫さんのブログをたまに読むので、
ナドさんとミルさんという2匹の猫のことを少しだけ知っています。
あと亀も飼っていらっしゃいましたよね。
そして苔の本を少し前に出されましたよね。
夫は私がこの本を買ったときに「苔袋」なる苔を観察するための
グッズ(? よく知らないのですが。ルーペ付き)を買っておりました。

バッグ、写真でおわかりになるでしょうか、とてもきれいに縫われて
います。 あこがれのこのバッグが手に入ってとっても嬉しいです。

それにしてもネットのおかげで、遠く離れたお店の情報が手にとる
ようにわかり、密かに思いを募らせている者がいる…なんて素敵な
ことでしょう。 いつか是非、蟲文庫さんを訪ねたいです。
マドレーヌさんとばったり会えたなら、ダブルでうれしい!!


<< ハチ公のいる風景 お正月のために >>