有次のペティナイフ

a0082546_16283665.jpg
5年前の京都旅行の折、夫が自分へのお土産だと言って買った有次のペティナイフ。

我が家では圧倒的にペティナイフの出番が多いのです。

先日職場で「日常の調理はペティナイフで行っている」と話したら、「えーっ!」と驚かれました。
でもペティナイフを使い慣れると、軽くて小回りが利いて、普通の包丁に戻れなくなるのです。

今では大きな包丁を使うのは、魚の調理、大根や南瓜など大物を切る、白菜の粗みじん、など限られたとき
のみになりました。

ステンレス製のペティナイフも何本か持っているのですが、やはり包丁は「鋼」に限ります。
気がつけば、手は自然とこのペティナイフへ。

買ってすぐに切っ先を欠かしてしまい、それはヒゲを切られた猫のように、ちょっぴりマヌケな姿です。

今夜もまた、使い終わったあと丁寧に拭いて仕舞いました。
by persona-14 | 2006-06-28 22:47 | 道具 | Comments(0)


<< 「本むら庵」の蕎麦 バレエスタジオ >>